賢く利用

キャッシング枠がいっぱいで借入できない場合

■キャッシング枠が一杯だ
あなたは何時、そのキャッシング会社と融資契約を結びましたか?
今の借り入れ枠の契約をした時点から、あなたの年収は変わっていますか?
もし、年収が変わっている場合、関連会社の融資枠変更ができるかお尋ねください。
たとえば、そのキャッシング会社と契約した時点では学生でバイトをしていた。
当時の契約の上限と、就労し数年経っている時点では融資限度額は変更すべきです。

■キャッシング会社は何系か
キャッシングをする会社が消費者金融ですと、限度額は当人の年収の3分の1までと総量規制の対象となることが決められています。
キャッシングを銀行系の金融会社で行う場合、貸し手は銀行なので総量規制の対象外と成ります。
審査は消費者金融よりは時間が掛かりますが、融資限度額は消費者金融とは違い、融資幅が広がる可能性も有ります。
キャッシングを受けている会社を変更するのも一つの手段です。

■融資会社は変更したくない、融資額が変えられない場合
何らかの事情でキャッシング会社は変えられない、その融資幅も変えられない場合は、現時点まで返済の仔細を調べてみてください。
キチンと決まった日に遅れずに返済していますか?
チャンとお金を借りて、返済をきちんとしている場合は貴方は良い顧客だと断言できます。
その場合、明細書を遡ってコピーを取り、書面にして融資枠を広げて欲しい意図を明確に署名して、書留郵便で自分の口座のあるキャッシング会社の支店長宛と、本店の顧客係充てに送りましょう。

■貴方が返済が遅れる良くない顧客だった場合
今現在、貴方の返済は遅れ気味だったら、今からでも返済をキチンと決められた日にする、もしくは口座引き落としにしてもらう、自動振込みサービスを使うなどのアレンジを行ってください。
信用の回復に努めましょう。
貴方は自分自身の顧客としての信用度を高める必要が有ります。
そしてキャッシング会社は貴方の過去の信用データは良い顧客だという証明がされた場合、融資枠を広げます。

Copyright(C) 2013 生活をサポートしてくれる頼もしいパートナー All Rights Reserved.